2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.07.13 (Fri)

複雑な想い

ホクトが我が家に来て、散歩が出来る様になってから
私たちが行く所にホクトが一緒に入れる様にお願いしています。

本屋・レンタルビデオ店・ドッラグストア・ホームセンター・郵便局
コンビニ・酒屋さん・スーパー・学校・銀行等です。
いろいろな場所を経験する事で、その中で落ち着いて行動出来る様に
なるといいなぁと思っています。

その中で入店の所もあれば、の所もありました。

ホクトは盲導犬の卵(訓練犬)の卵(パピー)なので、
が出なくてもしょうがないかな?と思っていました。

その中で、ホクトだけではなく「盲導犬も入れる事は出来ません」と
言われた所がありました





【More】

そこでは、もし視覚障害者の方が来たら、「盲導犬は外に繋いでおいて、店員を
一人つけて買い物をしてもらいます」との事でした。

私の拙い知識でも「補助犬法」と言う物があって
補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)を受け入れる様に努めましょうと
決まったのに…

その言葉を聞いて、ホクトだけでなく盲導犬育成に関わる人全てを
否定された気持ちになってしまいました。

盲導犬はキチンと訓練を受けて、ユーザーさんも迷惑がかからない様に
気を付けているのに…

1年程前にある駅で盲導犬ユーザーさんと出会う事が出来ました。
駅のコンコースを人にぶつかる事もなく歩いていらっしゃいました。
その後同じ電車だったので少しだけお話させて頂きました。
「認めてもらうのも、なかなか大変ですよ」とお聞きしました。

その間も、盲導犬は席の下で大人しく待っていました。
自分の名前が出ると、シッポを小さく振っていました。
その時、本当に一心同体なんだなぁと感じました。

今回こんな事があって、あぁここのお店は、自分の目を
外して歩けというのか と思いました。
入る事が出来ない理由は聞く事が出来ませんでした。
(お店の方針だそうです)

この事で、自分に何がこれから出来るんだろうと落ち込んでしまいました(昨日はブログを開く事も忘れてました)
でも、これからもパピーウォーカーをしながら、いろんな方にお話をして
どこでも(補助犬のステッカーが貼って無くても…)入れる世の中になる様に
種を蒔いていきたいと思いました。

支離滅裂な想いをずっと読んで下さった方ありがとうございました









Edit  |  22:33  |  体験記  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。