2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.03 (Mon)

とあるブログから…

我が家は、PWをしていながら、視覚障害者の方の誘導の仕方を
正しく知りませんでした。
(娘は学校の授業で簡単に習ったそうですが…)

色々な方のブログから入っていくウチに、こんなブログを見つけました。
このブログは、【12歳もうすぐ失明する僕に②】 byPUNKバンド一家というブログです。
転載する事を管理者の方に断り、原文のまま載せさせて頂きます。

……………………………………………………………………………………………………

駅や道路で白い杖(白杖)を使っている視覚障害者に出会ったことのある人は多いでしょう
しかし手助けをしたいと思ってもどうすればいいのかわからず 声もかけにくかったと思います
参考にして思いきって実行してみてください
そして 多くの人に助けてほしいと あたしは思います
よろしくお願いします・・・

☆まずは声をかけてみましょう

◎ 「どこまで行くのですか?」「何かお手伝いしましょうか?」など
   声のかけ方はなんでも結構です
   手助けする前にまず声をかけてください そして肩か腕につかまらせてください

◎  もしあなたの申し出を断ったとしても 気にしないでください
    その場にとてもなれているか 誰かを待っているのかもしれません

◎  視覚障害者は相手の表情がわからないため必然的に声が大きくなることがあります
    また、左右どちらかの耳が不自由な人もいます
    たしかめて話しかけてください

☆誘導するときは・・・

◎  腕をつかまれたり 後ろからおされたり 白杖を持たれると
   とても不安になります あなたが視覚障害者をつかむのではなく つかまらせてください

◎  誘導の基本形は 白杖を右手で使っている人には視覚障害者の左側に立って
    右腕右肩を貸してください 
    そして視覚障害者には左手で あなたの右腕右肩につかまらせてください
    こうすると安心して歩くことができます

☆道路の横断では・・・

◎  いきなり腕をつかまれ 道路の反対側まで連れていかれると困ってしまいます

◎  「向こう側まで渡りますか?」と 聞いてから肩や腕を貸して一緒に行ってください

◎  「今は赤です」「青になりました」「段差がありますよ」など 言葉だけでもとても助かります

☆歩道と階段・・・

◎  歩道を上がったり下ったりするときは 直前で「上がります」「下がります」と
   言うだけでわかります

◎  階段に手すりがあれば 使ったほうがよいか聞いてください
   その時は手すりまで(エスカレーターはベルトまで)手を導いて触れさせてください

☆電車やバスの乗り降り・・・

◎  外出慣れしてる視覚障害者は電車やバスの乗り降りも心得ていますが
    乗り降りする直前に いきなり後ろから押されたり 白杖を持たれたりすることがあり
    とても驚き危険です 乗り降りのときはまず、声をかけて手助けしていただくと
    とても助かります

◎  もし 一緒に乗り降りするときは 手すりに触れさせ あなたが先に乗り降りしてください

◎  また電車とホームのすきまの広さや高さの違い等も教えてください

◎  目の前の席が空いていてもわからないものです
    この場合もまず座席にかけるかどうかは聞いてください
    つかまるところがあれば 立っていたい事もあります
   「ここに椅子があります ここが椅子の背もたれです」と手を導いて
    椅子の背もたれに触れさせてください

◎  いつのまにか列が動き 一人だけ取り残されてしまうことがあります
   列が動いたときに動いたことを教えてください

☆説明の仕方

◎  身振り手振りがわからないことがあります
   「この位の大きさ」ではなく「煙草の箱くらいの大きさ」のように 
   具体的な説明を入れて話してください

◎ 「あそこに椅子があります」とか「前のほうに自転車が道を塞いでいます」と言って
  方向を指差して示してもわかりません
  視覚障害者が今向いてるほうを基準にして 「すぐ前に~(なになに)があります」とか
  「前方10メートルくらいに自転車が右側の壁に寄りかかっています」など
   具体的に詳しく言って下さい

◎  一緒に食事をするときなどは「手前6時のところにごはん 9時のところに味噌汁
   12時のところに刺身 2時のところにお茶 4時のところに漬物があります」と
    いったように時計に見たてて説明していただくとよくわかります

☆トイレでは・・・

◎  慣れない場所のトイレでは 中の様子を教えていただくと助かります

◎  同姓の場合には 一緒に入って洋式か和式か トイレットペーパーや
    水を流すレバーの位置などを教えてください
    異性の場合には そこに居合わせた人に案内をたのんでください

☆声をかけるとき

◎  親しい人でも 誰の声なのかわからなかったり 雑踏の中では
  誰に話しかけているのかわからなくなります

◎  肩などにそっとさわったり たたいたりしてください
   また「Bです Aさんおはよう」とまず 自分から名乗ってくださるととても助かります

☆席をはずすときは・・・

◎  話し相手がそこに居るかどうか分からなくて 空いた席や空気に
    話し掛けてしまうことも珍しくはありません
    席をはずすとき戻ったときはは知らせてください

◎  待っている時などに空間におきざりにされるのはとても不安なものです
   たとえ短時間であっても「ここが壁です」などと近くの壁や柱 
   机や椅子などに触れさせてください

☆盲導犬と歩いてるひとに出会ったら・・・
 
◎  盲導犬に声をかけたり食べ物を与えたり 気をひくような行為はやめてください
   盲導犬の仕事の妨げにならないため 温かい心でさりげなく見守ってください

……………………………………………………………………………………………………

最近では学校の授業で、福祉の事を勉強したりしているようです。

視聴覚障害を持っている人だけでなく、お年寄り、ケガをしている人など
困っている人を見かけたら、まずは、「何かできる事はありますか?」と
一声かける勇気を持っていきたいと思います。




Edit  |  06:00  |  さんぽ・あそび  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。