2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.26 (Tue)

行ってきました! 富士ハーネス

もうすぐ夏休みも終わろうとした22日の夜のねーちゃんとおかーちゃんの会話

 「26日に富士ハーネス行かない?」
 「夏休みの宿題が終わってないし~、行かな~い」と、素っ気ない返事。

しかし、家族でどこかに出かけたいおとーちゃんに半強制的に連れられて行ってきました。
「盲導犬の里 富士ハーネス」

ワンコに癒されるため・・・ いやいや、盲導犬に関わる知識向上の為、程よい緊張感を保ちつつ・・・
しかして実際は、富士ハーネスに向かっている車中での三人の顔は、おそらく、たぶん、
きっとふやけた顔して・・・

朝6時前に出発  埼玉を出て、東京都→神奈川県→山梨県を通過後、
静岡県の富士ハーネスに到着
富士ハーネス入り口
到着して一番始めに思った事、それは… まぁ、その敷地の広い事には、びっくり!
写真には収まりきらないので残念ながら、全景の写真は富士ハーネスのHPをご覧下さい。

駐車場もたっぷりとスペースが確保されておりまして、訓練士さんとお話した際に、
「少しでも多くの人に訪れてきて頂けるように、駐車場スペースもしっかり取ってあります」との
説明でした。

建物の中も白と黒を基調にした建物、光に反射して分かりやすく作られた点字ブロックを敷設など、
視覚障害者の目線に立った建物の設計されている、そして見学者の目線に立った
分かりやすい説明が印象的でした。

盲導犬のデモストレーションが始まるまで、ウォークラリー(子供のみ)に参加!
施設内にある10問の問題を解きながら施設内を見学して廻りました。

11時から、富士ハーネスのPR犬「コルクさん」が訓練士さんと一緒に
PR犬 コルクさん 休憩中PR犬 コルクさん お仕事中

・視覚障害について
・盲導犬について
・訓練の方法
などを、お話を交えながらデモストレーションをしてくれました。

デモの後、繁殖犬棟と引退犬棟の見学
繁殖犬棟では生後24日目のパピーと生後40日目のパピーが、お母さん犬と一緒に過ごしていました。
生後24日目生後40日目
ちなみに生後24日のパピーちゃん達は12頭兄妹(ボニー母さん頑張りました!)

こちらのパピーちゃん達は、ワクチン接種前のためふれあう事は出来ませんでしたが
見ているだけで、癒されました

引退犬棟では、光がたくさん入る明るいお部屋で5頭の引退犬が過ごしていました。
不足の事態に備えてと思われる、スタッフ用の折りたたみベットも用意されており、
24時間、引退犬に目を行き届ける様にしているようでした。
引退犬棟1引退犬棟2

見学の後、予約してあったお昼ご飯をラウンジで頂き、心も、お腹も大満足
お弁当

そこへ、たまたまいらしていたユーザーさんと盲導犬のキキちゃんにお会いしました。
盲導犬キキちゃん
少しだけ、お話をさせて頂きました。

キキちゃんのユーザーさんは、白杖で歩いていたとき、人の足を白杖でつついてしまって
イヤな想いをたくさんされたそうで、他に歩く方法は無いかとおもって盲導犬を持とうと思ったそうです。
盲導犬と一緒に歩き始めて、安心して歩けるとおっしゃっていました。
その人その人に盲導犬と一緒に歩き始めた理由はあるとは思いますが、一緒に歩きたいと
待っている人がいなくなるようになっていくといいなぁと改めて思いました。

一番消極的だったねーちゃんが一番張り切っていたのは何故?(書き出しはその前振り)
駐車場から、玄関への移動時から感じた事
館内での移動の都度、常に先頭きって、早歩き、時によっては小走りしているねーちゃん
体全身でソワソワ、目はキラキラ。気分はルンルンのエネルギー全開。
お母ちゃん、お父ちゃんで、その勢いに程よいブレーキをかけるくらいの勢い。
あれ?最初話したときは、「行かな~い」と、素っ気ない返事してした人は誰ですか~? って感じでした


Edit  |  22:40  |  日々の出来事  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。